Send to a friend 印刷
戻る

1780

<>

純白の追求、オランダ製の到来

 

オランダ製の白い紙が大量に輸入されはじめ、フランスの収支悪化に伴い、ラングドック 地方の当局は慌ててオランダの製法によりぼろ切れを潰して製造する製紙の奨励を決定し ました。選ばれたのがモンゴルフィエでした。その結果として労働者の運動が活発になり 、産業革命が進展しましたが、国の財政難は底なしの状態で、三階級間の社会的な貧富の 差が拡大したのでした。

オランダ製のパルプ槽の詳細、ルネ・ギルマンの立図面と平面図© Musée des Papeteries Canson et Montgolfier

  • オランダ製のパルプ槽の詳細、ルネ・ギルマンの立図面と平面図© Musée des Papeteries Canson et Montgolfier