Send to a friend 印刷
戻る

1692

<>

ヴィダロン、製紙技術の発祥の地

 

ボージューの製紙業者の息子、ミッシェルとレイモン・モンゴルフィエが、ヴィダロンに 進出しましたが、そこではオーヴェルニュ出身の製紙業者シェル(Chelles)家が代々製紙 の糊付けの仕事を行っていました。モンゴルフィエの二人の息子は、その地の主ともいえ るシェ家の二人の娘フランソワーズとマルグリットに恋をして、二週間後に結婚に至り、 こうしてモンゴルフィエ家がヴィヴァレ地方に根を下ろしたのです。 この年、国立図書館が一般に門戸を開きました。

ヴィダロンの製紙用水車。石造りの地上階の上に作られた木製の乾燥室 © Musée des papeteries Canson et Montgolfier

  • ヴィダロンの製紙用水車。石造りの地上階の上に作られた木製の乾燥室 © Musée des papeteries Canson et Montgolfier