Send to a friend 印刷

戻る Serge Diméo

「描くことは生きること」

 

「様々な要素をコントロールすることで、偶然という要素が事象を越える。 人生は偶然のチャンスであり、水もまたしかり。 私は自分の作品の中で、感情を呼び覚まそうとはしていません。すっきりとした広々としたスタイルを実現することの方を好んでいます。 平穏で、軽く、明るく、澄んだ雰囲気をまず感じて、それがバランス良く調和していること。 アーティストの個性はその作品によって語られるべきです。見る人のことを考えずに。作品を見る人はそれぞれ、自分の感情に動かされるので...


シンプルであることは、洗練の究極のあり方です。 主題の複雑性を越えた「究極の洗練」こそが、私の表現しようとしていることです。 線を削ぎ落し、色を純粋にすることが、私のテーマです。 この浄化は技術ではなく、知的なアプローチなのです。 それで究極のシンプリシティが生まれます。
作品を創り始めるときには、自分を一切の感情から切り離して静寂を得ることにしています。 この内なる平穏が、私を根本へと導くのです」

Serge Diméo.