Send to a friend 印刷
戻る

José Fuentes

バレンシア・バルセロナでファインアーツを学ぶ。版画とマルチプルイメージを専門とし、バスク大学とサラマンカ大学にて、デッサンと版画の教鞭を取っている。

全ての芸術作品はマルチプルイメージ中で表現され、そこには未発表の多様なテクニックが使われている。

ホセ・フエンテスはアーティストとして広範囲での活躍しており、スペインはもちろんのこと、海外においても数々の個展・グループ展を開き、コレクションを発表。アートに関する研究のため、数々の国際プロジェクトも行っている。

現在彼のアーティストとしての関心は、デジタルイメージを通して発信されており、この方法にて最新プロジェクト“Tauromaquia” が実現、2014年に完成した。150 x 110cm の100つのイメージで構成されており、本バーチャルギャラリーではその中から厳選された作品が紹介されている。