Send to a friend 印刷
戻る

Conrad Roset

コンラッド・ロセットは29歳の歳月のうち初期を出生の地であるテラサでカラーボックス、ペン、ノートと共に、その後バルセロナで絵具、モレスキン、ムーサ、色鉛筆と灰色の猫に囲まれながら過ごした。

絵画はまさに彼の人生にとってパッションであり、それは彼の弟と好きなものを全て絵に描いていた幼少時代から、彼を一番表現したコレクションである、女性をインスピレーションしたムーサ(las Musas)を生み出す数年後まで続く。 - 体から溢れ出す美しさを求め、フェミニンな姿を描き出すことを好んだ。-

バルセロナのエスコラ・ホソ(EscolaJoso)及びファインアート学部で学んだ後、インターネットによって彼のイラストレーションが広まったおかげで、Zaraでのキャリアがはじまる。そこでトレード、規則、重要なイラストレーターたちからスタイルなどを学んだ。

その1年後フリーランスとなってからは、様々なブランド、広告代理店、出版社との活動を開始。バージニア州現代美術館(MOCA)、 SopkeArt(サンフランシスコ)、 London Milles(ロンドン)、Tipos Infames(マドリード)、Artevistas・Miscelanea(バルセロナ) などの数々のギャラリーや美術館で展覧会を行っている。 またBAU デザインスクールにてイラストレーションの教鞭を取っている。