Send to a friend 印刷
戻る

Marc Chagall

<>

(1887-1985 年)

 

ベラルーシにある父親の家で過ごした幼少時代から強い影響を受けたシャガールは 、1910 年にパリに赴くと、ブレーズ・サンドラールやマックス・ジャコブ、アポリ ネールと親交を結びます。アンドレ・ブルトンは、マルク・シャガールをシュルレ アリスムの先駆者と評価しました。幼少時代の追憶とユダヤ教に関する深い知識を 漂わせるきわめて個人的なテーマが原点となった、詩的な表現力の豊かさと、幻想 に満ちた彼の作風から、パリ・オペラ座、国連本部、イスラエルの国会議事堂の装 飾などの様々な注文を受けることになりました。

 

 

マリー=エレーヌ・レノーの著書『アートと用紙』からの抜粋

マルク・シャガール、ロシア出身のフランス画家(1187-1985 年)。イタリアのポス ター、1983 年、鉛筆、墨汁、Montgolfier 製ベラム紙を使った淡彩画、65x50cm。パリ 国立近代美術館。 ©  ADAGP © Collection Centre Pompidou, Dist. RMN / Philippe Migeat

  • マルク・シャガール、ロシア出身のフランス画家(1187-1985 年)。イタリアのポス ター、1983 年、鉛筆、墨汁、Montgolfier 製ベラム紙を使った淡彩画、65x50cm。パリ 国立近代美術館。
©  ADAGP
© Collection Centre Pompidou, Dist. RMN / Philippe Migeat