Send to a friend 印刷
戻る

Fernand Léger

<>

(1881-1955 年)

 

 

美術学校で学ぶためにパリに出たフランスの画家、フェルナン・レジェは、生涯パ リを離れることはありませんでした。彼は、建築学を学びながらも、次第に装飾美 術の道へと進みます。セザンヌの作品に強い影響を受けた彼は、この巨匠から「フ ォルムと立体への愛着」を学んだと語っています。キュビスムの時代には、アトリ エ「ラ・リュッシュ」に住みつくと、そこでドローネーやジャコブと親交を結びま した。また、彼の機械の時代の名残として、背景と同様にシルエットを処理し単色 塗りにするテクニックを使用しました。

 

 

マリー=エレーヌ・レノーの著書『アートと用紙』からの抜粋

フェルナン・レジェ、フランス人画家(1881-1955 年)、Composition au perroquet『 オウムのいるコンポジション』(習作のディテール)、1938 年、Vidalon 紙に墨汁、 黒鉛。ビオ、国立フェルナン・レジェ美術館。 © ADAGP © RMN / Gérard Blo

  • フェルナン・レジェ、フランス人画家(1881-1955 年)、Composition au perroquet『 オウムのいるコンポジション』(習作のディテール)、1938 年、Vidalon 紙に墨汁、 黒鉛。ビオ、国立フェルナン・レジェ美術館。
	© ADAGP
	© RMN / Gérard Blo