Send to a friend 印刷
戻る

過去のアーティスト

マティス、ピカソ、マイヨール、ウォーホル… 著名アーティストはみな、Cansonの紙を愛用しました。ドガはパステル画用にトレーシングペーパー、マティスは彼のグワッシュの切り絵にちょうど良いC’à Grain®とLavis B を好んで使いました。

今日、画家、イラストレーター、ファッションデザイナー、漫画家など、数多くのアーティストがCanson の製品を利用し、さまざまなテクスチャー、肌目、透明度を活かした創造性あふれる作品を制作しています。

Jean Auguste Dominique Ingres

(1780-1867 年)

ドミニク・アングルは、エティエンヌ・ド・モンゴルフィエが他界した時まだ若き 青年でしたが、間もなく、パリに住んでいたエティエンヌの娘で作家のアデライー ドと親しくなり、彼女の肖像画も制作しています。アングルは、

調べる
Edgar Degas

(1834-1917 年)

まずアングルに影響を受けたドガは、その後劇場やバレエの世界に惹かれ、これら は競馬とともに、彼が特に好んで扱ったテーマでした。マネ、モネ、ルノワールの 友人でもあったドガは、1874 年に初めて印象派展に出展しますが、10 点の出展作の うち2 点はバレエをテーマにしたものでした。

調べる
Pablo Picasso

(1881-1973 年)

青の時代、桃色の時代を経て、パブロ・ピカソはブラックとともにキュビスムを試 みます。彼は、プリミティヴィスムからシュルレアリスム、新古典主義から抽象芸 術まで、

調べる
Marc Chagall

(1887-1985 年)

ベラルーシにある父親の家で過ごした幼少時代から強い影響を受けたシャガールは 、1910 年にパリに赴くと、ブレーズ・サンドラールやマックス・ジャコブ、アポリ ネールと親交を結びます。

調べる
Fernand Léger

(1881-1955 年)

美術学校で学ぶためにパリに出たフランスの画家、フェルナン・レジェは、生涯パ リを離れることはありませんでした。彼は、建築学を学びながらも、次第に装飾美 術の道へと進みます。

調べる
Aristide Maillol

(1861 - 1944 年)

ブールデル、マティス、そしてピカソの友人アリスティド・マイヨールは、真の造 形家で、純粋で丸みを帯びたラインが特徴的な彫刻家として有名ですが、彼の若き モデルを描いたディナ・

調べる